VIP NET schedule 5/29~7/5

2006VIPNET スケジュール

週1
5/29 風間/シャルル
5/30 霜田 930-1210 
5/31 霜田 930-1210
午後:多摩美橋本キャンパス情報デザイン棟アゴラ:Circuit bending workshop

週2
6/5 風間 KAZAMA 1030-1210
夜:ICC OPENING RECEPTION 5:00-7:30 "ART X COMMUNICATION"
6/6 霜田 SHIMODA 930-1210
6/7 Christophe CHARLES + Boris HEGENBART WORKSHOP 930-1210
max/msp リアルタイム sound processing
1] first class(午前): focus on the mixer
2] second class(午後): focus on the computer
- a silent movie from the students would be interesting
- and tools like "i-pods" with personal sounds or instruments would be great

週3
6/12 休講?
6/13 CHARLES 1000-1210
6/14 CHARLES 1000-1210

OPEN CAMPUS
6/17 全員(オープンキャンパス:午前=準備/午後=本番、4時半まで)
6/18 全員(オープンキャンパス:午前=準備/午後=本番、4時半まで)
open campusのページは

http://home.att.ne.jp/grape/charles/classes/opencampus06.html


週4
6/19 風間 KAZAMA 1000-1210
6/20 シャルル CHARLES 1000-1210
6/21 シャルル CHARLES 1000-1210

6/23 laptop orchestra + sho 笙 ライブ
6/24 Charles + Chino Shuichi 千野秀一+ Suzuki Kei鈴木慶 渋谷クラシックス公園通り
6/25 六本木 Bullets ライブ

週5
6/26 風間 KAZAMA 1000
6/27 霜田 SHIMODA 930-1210
6/28 霜田 SHIMODA 930-1210
6/29 発表 1630-1800 -- bldg #12 B1

7/1 六本木 Superdeluxe + Bullets ライブ

週6
7/3 風間 KAZAMA 6/29 記録整理など
7/4 霜田 SHIMODA 930-1210
7/5 全員 野外ライブ

7/8 アップルストアー ライブ(bend++)ムサビ+多摩美+造形+工芸大 20:00~21:00
[PR]
# by mau501 | 2006-06-04 17:58 | vipnet

VIP NET schedule 11/7 ~ 12/14

place : MAU bldg#12 - 4F - media labo

重要:11/7ではなく、11/8からスタート

11/8(火)10時〜 ベルリンの作曲家、Boris d Hegenbart氏 ワークショップ
11/9(水)10時〜 Boris d Hegenbart氏 ワークショップ

##11/9(水)18時〜 Boris d Hegenbart氏 課外講座:レクチャー・コンサート

11/14(月)10時〜 Visual Brains代表 風間正氏担当 - Kazama
11/15(火)10時〜 シャルル担当 - Charles
11/16(水)10時〜 シャルル担当 - Charles

##11/19(土)〜11/27(日)町田市国際版画美術館に行われる「The Digital Interconnection」という催しにIAMAS、東京造形大学、東京工科大学、桜美林大学、尚美学園大学、多摩美術大学情報芸術学科、武蔵野美術大学映像学科、女子美術大学が参加。MAU映像学科から町山ユカ(インスタレーション)と小磯里沙(パフォーマンス)、それから映像上映作品数人。19日(土)13時30分より、出品作品に関して学生さんにプレゼンテーション。小磯さんのパフォーマンスと、多摩美の谷口暁彦くんのパフォーマンスも予定しています。

11/21(月)10時〜 風間正氏担当 - Kazama
11/22(火)9時〜 NIPAF代表、霜田誠二氏担当 - Shimoda
11/23(水)休日

##11/22(火)16:30〜 「ネットワーク芸術論」:ストリーミングパフォーマンス(1号館↔12号館メディアラボ↔多摩美)(久保田晃弘+シャルル+小柳+他)

11/28(月)10時〜 風間正氏担当 - Kazama
11/29(火)9時〜 霜田誠二氏担当 - Shimoda
11/30(水)9時〜 霜田誠二氏担当 - Shimoda

12/5(月)10時〜 風間正氏担当 - Kazama
12/6(火)9時〜 霜田誠二氏担当 - Shimoda
12/7(水)9時〜 霜田誠二氏担当 - Shimoda

12/12(月)10時〜 風間正氏担当 - Kazama
12/13(火)9時〜 霜田誠二氏担当 - Shimoda
12/14(水)午前:準備、午後:発表/講評 - presentation

##12日(準備)+13日(本番)、「KAFKA」は、ビデオアトリエにて上演:石川ふくろう(振り付け、デレクション)、青木裕記(ダンス)、新堀孝明(映像)、川口真人(照明)、クリストフ・シャルル(音)。
[PR]
# by mau501 | 2005-11-02 11:03

boris d hegenbart info

boris d hegenbart [#/TAU]

OCTOBER-NOVEMBER 2005 JAPAN TOUR

During his one-month-tour through Japan, boris d hegenbart will present his third [#/TAU]production. plastic-box-rebels/[3/TAU] on the Staubgold label pays homage to Dub. It is an exciting cooperation of artists from multifaceted areas like New Music, Sound Art, song writing, improvised music, and Dub music.

18 guest musicians have recorded exclusive overdubs for boris d hegenbart: Michael Vorfeld, Fred Frith, Bernhard Guenter, Marc Weiser, Ed Osborn, David Grubbs, Georg Zeitblom, Stephan Mathieu, Sascha Demand, Martin Siewert, Martin Brandlmyer, Oren Ambarchi, Christophe Charles, F.S. Blumm, Felix Kubin, Boris Hauf, Hanno Leichtmann & Hannes Strobel.

blumm&tau&ym The young duo blumm&tau by F.S. Blumm [Morr-Music, Plop] and boris d hegenbart [Quecksilber, Staubgold] has emerged from the project: plastic-box-rebels. Acoustic guitar and electronics melt into melancholic Chamber Pop. The delicate drawings of artist Yumiko Matsui accompany the songs of blumm&tau like vocals. She did the CD-artwork for OVAL/Markus Popp, F.S.Blumm and boris d hegenbart.

"blumm&tau are performing futuristic folk music for the next millennium – move over pete seeger. The devices are simple: an acoustic guitar and a laptop computer are utilised by this two-headed hydra to create some of the most integrated acoustic/digital bastards to be found in an expanding scene. Quiet is the new quiet. Wow!" Christoph Linder, Planet Rock

www.planetrock-booking.de
www.staubgold.com
www.quecksilber-music.com
www.shop.praemedia.com/plop.html

"Highest concentration and an awareness of all musical and energetic processes": This is how hegenbart describes the atmosphere of his concerts; "As if I were moving a steamroller with a Perlon thread from one corner of the room into the other, almost without a sound."

In his work as a composer and laptop-musician, boris d hegenbart has unflinchingly pursued his own sound aesthetics since 1996. He has found his own musical handwriting by continuously enhancing his methods. "boris d hegenbart's collages sound like a meditation at a crossroad in the middle of an attacking swarm of locusts" [taz].

The brittle rawness of his sounds and the square-edged form of his compositions and improvisations stand opposed to implied melodies and slivers of bass and rhythm. In this way, he manages to arrest the attention of the audience and gains their appreciation. Role models for hegenbart's methods are the veterans of Dub music like Lee Perry and King Tubby, who, with the most basic means of studio technology, created the primary version of remix: Dub. Other important sources of inspiration are Morton Feldman's late works concerning their scope and harmonic tension.

hegenbart focuses on live-electronics and on transferring studio processes into performance.

He has graduated from the University of Music and Performing Arts in Vienna with a diploma of electronic music.

“In his eletro-acoustic compositions, Hegenbart combines the aesthetics of 1950's musique concrète with our day's digital technologies of music production and sound synthesis, without restricted by the contemporary software's limitations. For him, this software, as well as music-samples and the sounds of his every day life, become material to be molded according to his artistic intentions. This way Hegenbart creates the delicate and complex sound-scapes, he is well known for.” Volker Straebel, thoughts on music and related arts www.straebel.de/praxis

boris d hegenbart, born in 1969 in Berlin/Germany. Musician/composer of electroacoustic music and sound-art since 1996. Founding the project [#/TAU], Berlin 1996. Graduate of the Institute of Electroacoustic Music [ELAK], with an emphasis on composition, improvisation and live electronic [MAX/MSP], Vienna 2002. hikuioto - [1/TAU], the first [#/TAU]-CD-release /a-Musik, Berlin 1997. Various projects continued the creative career since that first publication.

Artist in Residence at Podewil, Berlin 1999. Artist at the International-Summer-Academy by the Academy for the Arts Berlin, Templin/Germany 2001. Artist in Residence at Villa Schwarzenberg, Schrattenberg/Austria 2002. Award of Traute von Mendelssohn Donation. Artist in Residence at Villa Aurora, Los-Angeles/USA 2004. Sound installations, electroacoustic concerts and performances, Soundscapes for theatre plays, dance performances and experimental video.

s e l e c t e d w o r k:

"musicforcicadas#03", performance for 6 prepared samplers and prepared slide-projectors at the Festival Sampling-rage Berlin 1998.

"makrobe", performance for sound- and light-objects at the PRE-MIX-ICMC Berlin 2000.

"der kaeltefeind", composition for chamber orchestra Zeitkratzer, Podewil Berlin 1999.

"vermutete Prozesse", composition based on John Cage's "Fontana Mix" at Maerz-Musik / Festival of Contemporary Music 2002 Berlin.

"Nachtspeicher", Radio production 2003 for the WDR [West-German broadcasting company], collaboration with the Hamburg composer Felix Kubin.

"hocker" "ducken", compositions for the Kairos Quartett for Fast-Forward 2005 in Vienna/Austria. collaborations with different solo performers, composers and improvisation musicians: Werner Dafeldecker, Christophe Charles, Felix Kubin, David Grubbs, Oren Ambarchi, Fred Frith, Michael Moser, Dean Roberts, Ed Osborn, Ulrich Krieger, Reinhold Friedl, Michael Vorfeld, Christina Kubisch, Marc Weiser, Stephan Mathieu, Martin Siewert, Martin Brandlmayr and many others.

s e l e c t e d r e l e a s e s:
[1/TAU]: hikuioto, on [#/TAU]/a-Musik.
[2/TAU]: [smip], on Quecksilber-Staubgold.
[3/TAU]: Plastic-Box-Rebels/the instrumentals, forthcoming on Staubgold. www.staubgold.com
www.quecksilber-music.com
eis9, Werner Dafeldecker/boris d hegenbart on GROB.
www.churchofgrob.com
9kHz, Hegenbart/Demand 12"vinyl on EN/OF Deluxe II/Bottrop-Boy.
Christina Kubisch: art-prints www.baeumen.de/bottrop-boy/html/en_of.html
9kHZ-Hegenbart/Demand
blumm&tau F.S.Blumm/boris d hegenbart forthcoming on JAPANImprov www.japanimprov.com
DUAL, remix-Microstoria/Reprovisers-Japan on Tokuma-Japan
www.sonig.com
disturbstone, sampling-rage on X-TRACT www.podewil.de/label/label-e.html
objects#01/02, INTERNATIONAL-COMPILATION on Alienation-Japan www.ops.dti.ne.jp/~thirdorg
re:remerge, remix - HYBRID SOUND SYSTEM Ulrich Krieger/Reinhold Friedl on Tourette block&tackle,
composition for Phill Niblock forthcoming on Tourette www.tourette-cd.de
[PR]
# by mau501 | 2005-11-02 10:57

作家作品研究(MAU火4)・現代音楽特殊講義(芸大月2)

William Fetterman の「John Cage's Theater Pieces」4章(4'33")関連記事や資料:

Larry Solomon の論文:
http://solomonsmusic.net/4min33se.htm

MuzakのHP:
http://www.muzak.com/muzak.html

ケージの音楽と同性愛について(今朝配ったテキストの69ページ)、
Caroline Jonesの記事はwebには載っていないようですが、
Johanthan Katzの
http://www.queerculturalcenter.org/Pages/KatzPages/KatzWorse.html
及びPhilip Brettの
http://list.mail.virginia.edu/pipermail/silence/2003-March/000230.html
は参考になるかもしれません。
[PR]
# by mau501 | 2005-11-02 09:39

NET ART schedule 11/08 ~ 11/29

ネットワーク芸術論(火・5限・1-104教室)

11/8
ICC学芸員÷畠中実氏担当

11/15
ICC学芸員÷畠中実氏担当

11/22
多摩美情報芸術コース教授÷久保田晃弘氏担当
(streamingデモンストレーション有り)

11/29
懇談授業/シンポジウム
佐々木敦、久保田晃弘、畠中実、シャルル
[PR]
# by mau501 | 2005-10-31 17:17

classes schedule 10/20 ~ 11/10

10/20(木曜日)午後2時、札幌に発ちます。ということで学校に行けません。
10/22 IEAD in SAPPORO
10/23 AMI Label concert at Gallery Monma, Asahigaoka, Sapporo

芸祭明け、
11/8+9(両日午前10時〜12時半)、ベルリンのBoris Hegenbartが3年の授業、VIPNETのワークショップを行います。是非ご参加。VIPNET履修者以外の参加希望は、ご連絡ください。

www.planetrock-booking.de
www.staubgold.com
www.quecksilber-music.com
www.shop.praemedia.com/plop.html

11/7(月)
午前10時〜12時半、風間正先生担当。

11/8(火)
午前10時〜12時半:Hegenbart氏ワークショップ
午後:3限:映像芸術論:発表者:鈴木、中奥
午後:4限:作家作品研究(501個人研):JOHN CAGE THEATER PIECES
午後:5限:ネットワーク芸術論、畠中実氏(ICC)担当

11/9(水)
午前10時〜12時半:Hegenbart氏ワークショップ
午後:6時:Hegenbart氏の課外講座(1号館103教室)。

11/10(木)
午後:ゼミ(12-501個人研)
[PR]
# by mau501 | 2005-10-20 10:07

classes schedule 10/04 ~ 10/18

今日4日も風邪が治らず、体調はかなり悪いです。
ということで久しぶりに
映像芸術論(3限)、作家作品研究(4限)、ネットワーク芸術論(5限)は休講になります。

5日(水)と6日(木)は、bend++の搬入セッティング(町田市版画美術館)、7~10は展示。

7日(金)と8日(土)、ムサビ映像学科3年生進級制作、上映作品講評会(9時から18時まで)

9日(日)、bend++の展示もあるが、夜はフランスに発つ。Enghien, centre des arts. 10日〜13日まで作業、13日にシンポジウム、14日は本番(KAFKA)。

ということで11日(火)映像芸術論(3限)と作家作品研究(4限)は休講、ネットワーク芸術論(5限):ICCの畠中実氏が担当。

16日(日)大学院入試

17日(月)3年生進級制作(インスタレーション)の講評

18日(火)通常通り、映像芸術論(3限)、作家作品研究(4限)、ネットワーク芸術論(5限):多摩美情報芸術コースの久保田晃弘氏が担当(シャルルも出席)
[PR]
# by mau501 | 2005-10-04 10:05

bend ++ / Mukai Chie @ Kid Ailack Hall

先週の日韓ダンスコンタクトの後、過労のせいかひどい風邪を引き、声が出なくなった。土・日、町田版画美術館でのbend++は大成功ということで、たくさんの作品を見せてもらいました。一種の「リバイバル」を感じました。沖さん、久保田さん、堀尾さんがなかなかのパワーを感じさせてくれました。

昨日向井千恵さんとのライブは(風邪なのでエンルギーはあまりなかったが)割とうまくいった。コラボレーションの前半は、コンピュータによる音の反復は、向井さんの声と生楽器の演奏とかなり対照的だったのですが、後半はだんだん滑らかになり、緊張感を保ちながらいいエンディングも作れたと思います。
[PR]
# by mau501 | 2005-10-04 09:51

VR 学会 9/29

串山先生より

今週はメディアアート1Bの初日ですが、9月29日(木)はVR学会発表のため大学での講義はできません。学会は、インタラクティブな作品発表や技術的な機器展示などもあり、学生にとっても刺激あるものだと思われます。展示は無料で見ることができます。

聴講学生の木曜日の5,6時限目の授業のあるなしがわからないので、強制はできないのですが、できたら学会に見学を希望。

メディアアート1B受講学生は
29日(木)13:00 東京大学工学部6号館 VR学会受付集合

参加できない受講者は、29日(木)は自主学習で、10月6日(木)に「課外で見学した展示作品についてのレポート」を発表、A4 1枚提出
-------
【日本バーチャルリアリティ学会第10回記念大会】

開催日:2005年 9月27日(火)〜 9月29日(木)
場 所:東京大学 工学部(本郷キャンパス)
    http://www.u-tokyo.ac.jp

大会公式ホームページ:http://www.vrsj.org/ac/2005/index.php
-----------------------------------------------------------------
 特定非営利活動法人 日本バーチャルリアリティ学会 事務局

 〒113-0033 東京都文京区本郷2-28-3 山越ビル 301
 TEL:03-5840-8777
 FAX:03-5840-8766
 E-mail:vrsjoffice@vrsj.t.u-tokyo.ac.jp
 URL:http://www.vrsj.org
[PR]
# by mau501 | 2005-09-29 08:51

September 26~October 3

27日(火):
3限、映像芸術論:
飯村隆彦氏の「間:龍安寺石庭の時空間」について(30分)
発表者:松田(彫刻学科)(30分)、小野(基礎デザイン学科)(30分)
4限:作家作品研究:
ジョンケージ:「Four Statements on the Dance」続き
5限:ネットワーク芸術論:
ケージとポストモダニズム、コラボレーションについて

28日(水)
3限+4限:メディアアート1B シャルル+クワクボ氏担当、オリエンテーション

29日(木)日韓「ダンスコンタクト」(青山円形劇場)公演のため、ゼミなし。

30日(金)2限+3限:ゼミ(bend++準備など)

1日(土)〜2日(日)町田版画美術館「bend++イベント・コンサート」

3日:向井千恵+クリストフシャルル、明大前「Kid Ailack」公演
[PR]
# by mau501 | 2005-09-23 19:35

bend++

10月2日の20分間のライブ(bend++)の構成を決めてください。誰 が誰と組むのか。

At 11:54 PM +0900 05.9.14, 富澤 たかみ wrote:
>町田のでは10月2日のイベントに、音(電子工作で作成した音がなるもの)をカメ
>ラで出力し、パフォーマンスを行いたいです。
>光の加減によって音が変化をするので、電球を使った卓上パフォーマンスです。
>映像が何か、光や音などで、発生するものができたらな。と思っています。
>もし、時間が足りないようでしたら、誰かと一緒に音をやってもいいです。

それから7日〜10日の展示会も、出品希望の人は内容を教えてください。
[PR]
# by mau501 | 2005-09-19 18:39

イベント案内

この秋、東京でのイベント、展覧会やライブはもりもりなんですが、個人研に
貼ってるものをチェックしてください。

先日届いた「ジグマー・ポルケ」展も
是非:上野の森美術館、オープニングは上野精養軒にて、10月3日(月)午後
3時半から5時。またアーティストトークは東京芸大、美術学部中央等 第一講
義室、10月3日6時〜8時(申し込み要)workshop@ueno-mori.orgまで。Sigmar
Polkeは偉大な画家なので。

それから友人の平川典俊の個展(写真)、西新宿3-18-2-101(ICCの近く)
WAKO WORKS OF ART http://www.wako-art.jp/main/ja.html 10月15日まで、
11:00~19:00、日・月・祝 休廊
平川氏はインスタ、写真、映画、ブック、最近振り付けもやってる作家です。NY在住。

それから日仏学院はなぜかいろいろやっているので、
http://www.ifjtokyo.or.jp/culture/index_j.htmlをご覧ください。21日、
22日、teknikartという雑誌のイベントもあるようです
http://www.technikart.com/technikart-jp.php3。9月30日〜10月2日
(bend++と重なるが)、フランスアニメのフェスティバルもあります。
[PR]
# by mau501 | 2005-09-19 12:21

September 20〜23

明日20日(火)、
3限は映像芸術論、飯村隆彦氏の作品の続き。
4限は作家作品研究:ジョンケージ、ダンスについて。
5限:ネットワーク芸術論:ケージとポストもダーニズム。

木曜日3-4限は2年生の授業に出るので、ゼミは2限と5限になります。

3年の進級制作は急ぐので優先にしますが、織山君と小磯さん(宇佐美くんは
まだインド?)のプロジェクトに対する意見やアドバイスも、お願いします。進級ゼミは2限ということで。
[PR]
# by mau501 | 2005-09-19 12:13